世間にまことしやかに広まる、真実か、作り話かわからないがひっそり伝わる都市伝説をご紹介。

脳の10パーセント神話

こんばんは、こうちゃんです。

脳の10パーセント神話(のうの10パーセントしんわ、英: ten percent of the brain myth)とは、「ほとんど、あるいはすべての人間は脳の10%かそれ以下の割合しか使っていない」という長く語り継がれている都市伝説である。この伝説の誤った引用元として、アルベルト・アインシュタインを含む多数の異なる人物が示されることがある。この伝説では、「人間はこの未使用の潜在能力を解放することで知能を高めることができる」という示唆が導かれる。

よくバトル漫画などでも、
このような説を引用し、使われてない脳を活性化させて、
能力を引き上げる、みたいなシーンありますよね。

こうちゃん

骨折するアルバイト

骨折するだけのアルバイトが存在していると言われています。これは、骨折してから骨が治癒するまでの過程をデータとして集めるためのアルバイトが存在しているという都市伝説です。

しかし、現在すでにすさまじい量のデータが存在していると考えられるため、自ら骨折をしてデータを収集する必要はないと考えられます。

こうちゃん