アウトドア大好きで超アクティブな変わり者システムエンジニアの燃えPaPaの送る、種々の体験に基づくアウトドア指南ブログ

室内でもバーベキュー

こんばんは、燃えPaPaです。

最近はバーベキューが仲間内でのレジャーで大変人気ですが、
河原や山まで行って実行するのは大変なもの。
そんな中で、手軽にバーベキューを楽しめるように、と、室内に環境を作ってくれるお店もできています。

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13194030/

例えばこちらなどは、ウッドデッキ調の店内にバーベキューコンロを設置し、
しかも食べ放題などでバーベキューが楽しめます。

遠くまで行かずにバーベキューを仲間内でわいわい楽しむには最適ではないでしょうかね。
人数が不確定でも買い出し等がいらないのもお店任せのメリットですね。

燃えPaPa

河原補足

こんばんは、
燃えPaPaです。

前回記事で、
アウトドア場所としての河原の注意点などを書きましたが、
少々追記で、

河原は夕方に花火なども楽しめるステキな場所ですが、
前回の注意同様、火気禁止の場所ではやらないように、というのと、
ゴミの始末はきちんと。

そして、安全のため、
夜の川には入らない!!

河原で花火を楽しんでいると、つい川にも入りたくなるでしょうが、
暗くて足元もおぼつかない上に、
もし流されたり事故をしても、見つけてもらいづらく、
さらに昼に比べかなり水が冷たいので大変に危険です。

どうぞ覚えておいてください。




燃えPaPa

河原

こんばんは、
燃えPaPaです。

アウトドアを楽しめる場所として定番の河原、
散歩から、ただ眺めるだけ、
バーベキューをしたり、
川遊びをしたり、様々なスポットで役に立ちます。

ちょっと片田舎に行き、道路から離れて河原に行くと、
(もしくは河原まで車で入れるようになっているところも)
簡単に河原でバーベキューが楽しめます。

ただ、手軽なアウトドア場所として大活躍な河原ですが、行く場合は必ず数点注意しましょう。

・大雨の最中、後は避ける
山の方から増水していて、川が勢いを増し、荷物ともども人も流されてしまうことがあります。
自然の力は恐ろしいので、カラッと晴れている時だけにしましょう。

・最初から人が入れるように整備されているところで
大自然の秘境のような場所は、自然の保護のために入れなかったり、
そもそも急に川底が深くて遊ぶには危なかったりします。
人が入ったことなさそうな場所に無暗に入らないように

・禁止エリアで遊ばない
上記に近いですが、条例や町の規則で、河原に入ってはダメ、
川遊びは平気だが、バーベキュー等火気はダメ、などルールが看板で書いてあるところもあります。
せっかくの遊び場が全面禁止になってしまわないように、ルールを守って遊びましょう。




燃えPaPa

奥多摩のキャンプ場

こんばんは、
燃えPaPaです。

先日からアウトドアについて言及してますが、
こちら、
別のninjaのサービスにて、

リンコレ、というリンク集生成できるサービスがありまして、

そこで、
さっそく

奥多摩近辺のキャンプ場

情報をまとめております。

よかったら夏場などに楽しみに行くのに参考にしてください。


燃えPaPa

都内のバーベキュー会場

こんばんは、
燃えPaPaです。

こちら、当ブログでも順次バーベキュー場情報等も載せていきますが、
情報がまとめてあって、手軽に確認できるものは、

近場で肉焼いて楽しめる!行きやすくて便利な東京都心近郊のバーベキュー場情報一挙紹介

で、都内の、バーベキューが楽しめる、各公園、商用施設などの解説をしています。
よろしければご覧になってみてください。


燃えPaPa